死ぬ理由がないから生きてる。

低脳大学生のぼやき。

怪談話しましょうか

夏なので少し怖い話をしましょうか。

 

皆さんはドッペルゲンガーって知ってます?

自分の分身で、それを見たら死ぬ。

 

そういう感じなんですけど、私結構ドッペルゲンガー見てるんですよ。

 

21年間で2人見てます。

少ないのかな?多いのかな?

 

それも友達や元恋人のドッペルゲンガーを見るんですよ。

自分のじゃなくてね。

 

本当に似てて、でも遠距離恋愛だったしこんなところにいるはずないとか。

「今朝、あの交差点にいなかった?」と友達に聞いてもいなかったと言われるとか。

 

ついでに言うと、私のドッペルゲンガーもいるみたいで、よく「〇〇(場所の名前)にいたでしょ!」と言われます。

 

でもそれ私じゃないんですよね。

頻繁にそういうことがあるので、きっと私のドッペルゲンガーは複数いるのか、はたまた活動的なのか。

 

自分のドッペルゲンガーと出会うのも時間の問題でしょうか。

 

いつでも来ていいですよ。

お茶用意して待ってますから。