死ぬ理由がないから生きてる。

低脳大学生のぼやき。

就活生へ

お盆休み楽しんでますか?

私はバイト三昧で瀕死です。

 

本日は私の就活を詳しくお話ししたいと思います。

私はバイトと就活を両立したタイプです。

そんなに時間も偏差値もない私でもなんとかなりました。

そんな私の就活ライフをお伝えします。

 

まず私は4月13日から就活スタートしました。

友達がガッツリ就活してることを知って慌てて始めた感じです。

この時は自分の就きたい企業の出版社と出身大学の先輩が入社している企業を受けてました。

しかし、面接で落ち続け…。

 

5月に入ると出版だけに絞りました。

ついでに勤務地も東京1つに絞って就活。

絶対東京に住みたいと思ってたので。

やりたい仕事住みたい県が決まり、そこに絞って就活しました。

 

正直辛かったです。

片道3時間かけて東京に行き、就活して帰ってくる。

次の日はバイトで8時間勤務とかザラにありました。

そして出版という狭き門に挑戦し続ける精神的苦痛。

出版がどれだけ厳しいのかはぜひ調べて見てください。

もう、全て落とされましたよ。

綺麗にね。

で、ここで私は一旦就活を休みます。

 

6月1日〜7月12日まで一切就活やってません。

この間にモデルオーディションとか受けに行ったりしてました 笑

 

で、13日から就活再開。

着づらい就活スーツを脱ぎ捨て、バイトで着慣れたスーツで就活始めました。

ちなみにバイトは自前のスーツ着用なのです。

13日にはバイト先の企業に就活行きました。

これは滑り止めです。

バイト先のそこそこ偉い方に、「3年もうちでバイトしてくれてるんだから絶対受かる!」と言っていただけたので受けました。

手応えしかなかったです。

これは受かるなと思いました。

 

で、翌日14日は編集プロダクションの面接。

ここが本命で頑張って行ってきました。

社長と雑談して面接終了。

その時に私の野望を語ってみました。

 

で、編集プロダクションから内定をいただきました。

バイト先の企業については、最終面接の予定が合わず9月に行うことに…。

 

特に頑張ったことはないです。

やりたいこととか、人生計画とかは具体的に決まっていたのでそれを語った感じです。

 

履歴書添削とか面接練習とか、あと就活メイク講座とか色々ありますけど私はどれも全くやってません。

自分は自分、ありのままで勝負したかったんです。

本当の自分の力で。

それで無理だったらフリーターになろうと思ってましたし。

 

だから、履歴書添削とかやって内定もらった人を軽蔑してたりします。

性格クソな私ですよね。

 

自分のペースで自分のやりたいように就活した方がいいと思いますよ。

つか、新卒じゃないとダメって考えも意味不明です。

中途だって沢山募集してるし、やりたいことやるためなら遠回りしてもやりたい仕事に就くべきだと思います。

 

あ、やりたいこともなくて何となく就職したバカは論外ですけどね。

 

新卒で就職したいとか、福利厚生充実してるとか、残業なしがいいとか、何ほざいてるんだって思います。

 

バカはそんなこと言ってられないと思います。

バカなんだからつべこべ言ってないで働くしかないだろう。

バカは努力してのし上がるしかない。

 

プライドばっかり高いバカは消滅したらいいと思います。

 

ということで、やりたいことがある皆さん、いろんな道があるので柔軟に対処して行きましょう。

 

わたしもまだ就職続けてます。

できるだけ早く力をつけられそうな企業を見つけますよ。