読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬ理由がないから生きてる。

低脳大学生のぼやき。

大学生活話が米津玄師さん話になってた。

今日は3週間ぶりに学校に行ってきました。

レポートを取りに行き、書類をもらい、卒論の文献を読む。

 

久々に大学生に戻った感じです。

やはり、学生はいいものです。

帰りはバスに揺られながら米津玄師さんの曲を聴く。

ここでは、『乾涸びたバスひとつ』を選曲。

バスといったらこの曲って感じです。

 

少し足を伸ばして、モールに行って洋服を見る。

1人でのびのびと色とりどりの布切れを見るのは久々でした。

ここでは、『心像放映』を選曲。

歌詞は悲しいけれど、アップテンポでスキップしてしまう感じの曲。

 

夏服買って、ショッピングバッグ肩にかけて夕焼け見ながら帰路につく。

でもまだまだ欲しい服は沢山あって、欲があるのは心が死んでない証拠かな、とか思う。

ここでは、『アイネクライネ』を選曲。

大好きな曲。

明日が来るのは嫌だけど、好きな曲聴いて現実を忘れるのだ。

 

さぁさぁ。

寝る時間が来たよ。

『Black Sheep』でも聴きながら寝ましょうか。